TH9 gowiva カンスト村全壊プランと編成

ヒーローレベル10未満のTH9のgowivaで、TH9カンスト級を全壊する流れを説明します。

実際のリプレイはこちらです。
ゴレウィズ解説1(TH9カンスト級をgowiva全壊!)

gowivaと相性の良い配置

ゴレウィズと相性の良い配置は以下にまとめました。
各ゴレウィズ系戦術の比較もあります。
TH9 純粋ゴレウィズ、gowipe、gowiva、gowigiの使い分け

今回の配置と編成

今回のベースは・・・

① 区画上、ジャンプを打ってもバルキリが散らばらない
⇒ 全バルキリをヒールの輪に収めることができます。
② 二連巨爆、テスラ、スケトラが中央に埋め込まれている
⇒ 二連巨爆がゴレホグの苦手、テスラ、スケトラはgowipeの苦手。しかしバルキリは苦手ではありません。
③ 中央の区画の設備が敷き詰められている
⇒ 範囲攻撃が有効です。

という3点からgowivaと相性が良いです。

▼ TH9のカンスト級ですが、とても相性が良いので余裕を持って全壊できます。

▼ 今回はこちらの編成で挑戦します!

【ステップ1】援軍釣り出し・援軍処理(条件によってゴリ押し可能)

条件によっては、L4ポイズンとの組み合わせで安全にゴリ押しも可能です。
詳しくは、【安全なプレイを目指して】援軍釣り出しする・しないの判断をご覧下さい。

▼ バルーンとホグを組み合わせることによって、援軍釣り出しと防衛設備破壊を行っています。

▼ アチャ並べとウィズクイーンで処理しています。(L4ポイズンでもOKです。)

【ステップ2】低コストでサイドカット

必ずゴレウィズでサイドカットしなければならないわけではありません。
効率的な作戦を立てる上でとても重要な部分なので、ゴレ1編成やゴレ0編成も検討して下さい。
ここで低コストに抑えることによって、バルキリ、裏ホグ、裏バルーンの数を増やすことができ、全壊が近くなります。

① ゴレウィズによるサイドカット
多くの防衛設備をゴレウィズで破壊でき、ゴレの高HPを十分に有効活用できる場合は相性が良いです。

② ウィズ / ガゴ / クイーン / キングによるサイドカット
防衛設備を破壊する必要はなく、純粋にサイドカットを行いたいだけの場合にオススメです。

▼ 今回は9時側をゴレウィズ部隊で処理しましたが、12時側はウィズ1体のみでサイドカットしました。

▼ キングとクイーンのみでサイドカットを行っています。ウィズを一切使わないことで、援軍ラヴァを最後まで無視できるメリットが生まれます。 バルキリーラッシュ解説1 (TH9カンスト級をバルキリーラッシュで全壊)

【ステップ3】2点出しで素早くバルキリ投入

バルキリ2点出しは、3つの設備のうち左右にバルキリを展開し、最終的に中央の設備に集めるテクニックです。
このテクニックにより、バルキリと左右の設備に「溝」ができるため、念入りなサイドカットを行う必要がなくなります。
その結果、早い段階でバルキリを投入できるようになり、序盤から一気に火力を上げることができるようになります。
※ 序盤から火力を最大に上げることによって、スピーディーに侵攻できるのでユニット全体が受けるダメージが大幅に減ります。

▼ 2点出ししたバルキリが一旦金庫に集結するようにコントロールしています。

▼ 2点出しを上手に使えば、ゴレを全く使わずにサイドカットすることも可能です。 バルキリーラッシュ解説2 (TH8カンスト級をバルキリーラッシュで全壊)

【ステップ4】ジャンプ

TH9 純粋ゴレウィズ、gowipe、gowiva、gowigiの使い分けでも説明している内容になりますが、 バルキリは拡散させてはいけません。
なぜかというと・・・
全バルキリをヒールの輪に入れられなくなる
必要な火力を維持できなくなる
からです。

そのため、ジャンプを打つ際は、バルキリを1点へ誘導するように使います。
(※ このような理由により、広範囲の壁割りを行うクエイク4とバルキリは相性が良くありません。)

▼ 中央区画の「敵クイーンの処理」と「二連巨爆を解除」することがバルキリの役割です。全バルキリをその場所へと誘導します。

【ステップ5】ヒール

ヒールは以下に注意してタイミングを合わせます。

① 巨爆のダメージをキャンセル
gowivaを使う場合、「ホグで踏めない二連巨爆」をバルキリで踏み潰すことが最大の目的になっている場合が多いです。
このダメージは必ず回復しなければなりません。
バルキリは二連巨爆に強いですが、それはヒールと併用してこそです。

② 最低限のバルキリの数を確保しなければならない
ゴレの数やホグの数にも依りますが、多くの場合、バルキリの数は8体~9体になるのではないでしょうか。
このバルキリの数が4、5体まで減ってしまうと、火力不足で侵攻が進まなくなります。
そのため「数を維持するためのヒール」が重要です。
(この考えはドララッシュでも当てはまります。)

③ 援軍の範囲ダメージをキャンセル
今回は援軍処理しましたが、援軍の範囲ダメージを受けることが前提の作戦の場合は、基本的にヒールと併用しなければなりません。
注意すべきなのは、バルーン(648)、バルーンの死亡ダメージ(162)、ウィズ(270)、ドラ(330)、バルキリ(223.2)、ゴレの分裂ダメージ(ゴーレム:550、ミニゴーレム:110)です。
バルーンとウィズの範囲攻撃は、運が悪いとヒール中のバルキリが全滅します。
※ 対処方法はこちらに記載しました。

▼ ヒールで巨爆のダメージを回復しています。

【ステップ6】裏ホグ or 裏バルーン

ジャンプ2個編成のgowivaの場合は、裏側の防衛設備もバルキリに任せることができますが、 全ての区画の防衛設備を破壊させるのは困難な場合が多く、基本的には裏ホグ・裏バルーンを使います。

裏ホグと裏バルーンの使い分けは『対空砲の位置』です。
対空砲が密集しており、対空砲が早い段階で壊せる場合は、裏バルーンがオススメです。
他に、ホグの苦手なバネ・巨爆の位置、バルーンの苦手なホーミング・対空爆弾の位置によっても変わります。

裏ホグの投入タイミングは、 基本的にはTH8 TH9ゴレホグ全壊プランと編成と同じなのですが、 ホグの数が少ない場合は、バルキリ部隊が裏側の防衛設備のターゲットを引き受けてから、という選択肢もあると思います。

▼ ホグの投入タイミング

バルキリの役割タイミング
敵ヒーローを処理 ヒーローを処理した後、ではなく、ヒーローが処理できることを確信できた時に投入します。
つまりは「今からホグを投入したとしても、間違いなくヒーローを殺せる」と判断したときです。
ホグの投入が遅くなると、(ホグによる防衛設備の破壊が遅れ)バルキリ部隊が無駄にダメージを負ったり、 (バルキリ部隊が溶けてしまうことにより)全ての防衛設備がホグに向いてしまい、大きなロスになります。
二連巨爆の解除 ホグが二連巨爆を食らわないと確信できた時に投入します。

裏バルーンの投入タイミングは「対空砲が折れてから」ではなく、 「今から投入しても対空砲の射程に入る頃にはバルキリが折っている」と確信した時点です。

▼ 今回は12時のアチャ塔にホグ16体を投入してしまいましたが、オーバーキルになっています。下記のように4点で並行に防衛設備を破壊した方が全体の侵攻はスムーズだと思います。

▼ 各防衛設備に必要なバルーンの数を展開します。TH9以上の場合は黒バルーン2体ずつでOKです。

【安全なプレイを目指して】援軍釣り出しする・しないの判断

この判断は、「防衛援軍の大ダメージ範囲攻撃」をバルキリに当てない確信があるか・ないか、によって行います。

問題となる防衛用援軍は、ウィズまたは黒バルーンです。
バルキリのHPは1200。
黒バルーンの1発は648。L6ウィズの1発は270です。
そのため、黒バルーンなら2体、ウィズなら5体の攻撃で、バルキリの集団が全滅する可能性があります。

実際にゴリ押しする際はL4ポイズンを使うので、スピード低下・攻撃速度低下の影響で防衛援軍の攻撃がバルキリに当たらない可能性は高いです。
しかし、当たったら全滅なのですから、このリスクを敢えて背負う作戦は良くありません。
解決する方法は3通りあります。

① 『ゴレ』に防衛用援軍の攻撃を当てる。
ゴレに確実にヒットさせるためには、バルキリの投入を十分に遅らせる必要があります。
この方法は、序盤の火力低下というデメリットを背負う必要があります。
(防衛設備の破壊が遅れ、ユニット全体が受ける合計ダメージが多くなります。)

② 簡単に釣り出せるのならば、ジャイ、ホグ1体で釣り出す
オススメです。
援軍処理はユニットで処理しても良いし、ポイズンでもOKです。
ジャイやホグ1体で釣り出せるなら、コスト5で安全を買おう、というわけです。

③ 防衛設備を破壊しつつ釣り出す
防衛設備を破壊しつつ釣り出す方法は、破壊できる防衛設備によっては全くロスにならないこともあります。
今回はこの方法を使いました。

【TH9版】初めての方にオススメの編成

最後になりましたが、汎用性の高そうな全壊編成を掲載しておきます。
【ステップ2】低コストでサイドカットで紹介したように、ゴレは必ず2体必要なわけではありません。
ゴレ・ウィズを削って、バルキリ・ホグを増やすと、更に全壊に特化した編成になると思います。
慣れてきたら、どんどんカスタマイズして下さい!

ユニット
呪文
スロット 役割、備考
ゴレ 1体
+
援軍ゴレ
30 サイドカット
ウィズ 8体 32 サイドカット
WB 2体 10 バルキリ自体が壁を空けるちからが強いので、壁のレベルが低ければ必要無いと思います。
バルキリ 9体 72 中央巨爆、敵クイーン、スケトラなど、ホグの脅威を処理します。
ホグ 16体 80 全壊を目指す場合は、できるだけ多めに積みたいです。
ヒール 3個 6 巨爆の回復、バルキリの数の維持などを目指して効率的に使いましょう。
ジャンプ 1個 2 バルキリを1点に誘導するように使いましょう。
ポイズン 2個 2 援軍処理 または 敵ヒーローの攻撃速度減少を狙います。
1個をクエイクに変更し、ダメージ狙いのアースクエイクを中央に使うのも効果的です。

(※ 全218スロットです。あと2スロットはお任せします。)

登録しました! 削除しました!

クラテツを最大限に利用するためには?
詳しくはこちら

リーダー、サブリーダーの方へ。 クランに合ったメンバーを集め、一致団結したクランを目指しませんか?
詳しくはこちら

クランをお探しの方へ。 自分に合った居心地の良いクランを探しませんか?
詳しくはこちら

クラロワ徹底攻略

詳しくはこちら

クラテツを最大限に利用するためには?
詳しくはこちら

リーダー、サブリーダーの方へ。 クランに合ったメンバーを集め、一致団結したクランを目指しませんか?
詳しくはこちら

クランをお探しの方へ。 自分に合った居心地の良いクランを探しませんか?
詳しくはこちら

クラロワ徹底攻略

詳しくはこちら